借金地獄 脱出

借金地獄という生き地獄を抜け出す為に

 

「借金地獄」

 

3年前の自分を表現する言葉として、こんなに適切なものはありません。まさに生き地獄でした。

 

年収は300万円程度なのに、借金は株式投資の失敗などで300万円以上にまで膨れ上がっていました。
給料が増えるわけもなく、そんな借金を返せるわけないんですよね。

 

気休め程度に金利を毎月返済して、ただただ問題を先送りし続ける日々でした。

 

そして借金を返すために、更に他のカードを作ってまた借金を繰り返す。。

 

キャッシング枠がもういっぱいになったので、クレジットカードのショッピング枠を現金化するなんてサービスも利用していました。

 

ただ、もう借金問題を先送りすることもできないような、限界に達することになりました。

 

初めてある消費者金融の会社から電話がかかってきた時の恐怖は今でも忘れる事ができません。
体中から脂汗が噴き出した感覚を今でも鮮明に覚えています。

 

それからは夜も眠る事ができなくなりました。眠っている間も意識のどこかで借金の事を考えているというような状態です。
そして真夜中に汗びっしょりで目覚める。。もう精神的に限界だと思いました。

 

その横では嫁と2歳の娘がスヤスヤと寝息を立てて寝ています。もう涙が止まりませんでした。

 

お金のことで苦労すると、体に異変が出るということを聞いた事はあったんですが、この時に身をもって知る事になりました。
足の裏に激痛が走るんですよ。夜中に足の裏が痛くて痛くて目が覚めるというような事を何回も経験することになりました。

 

借金の取り立てを受けている多くの人がこの足の裏の痛みを経験したことがあるようですね。

 

もう限界だと思いました。

 

それまでずっと問題を先送りしてきたわけですが、現実的にも精神的にももう無理だと悟りました。

 

借金問題を解決するにはどうしたらいいのか、藁にもすがるような気持ちでネットで情報を収集しました。

 

それで見つけたのがこのサイトなんです。

 

いきなり弁護士事務所に電話するなんて勇気はなかったので、ここを使って、債務の減額方法や月々の返済額をいくらくらいまで減らせることができるのか、調べてみました。

 

その第一歩を踏み出すまでかなり時間がかかってしまったわけですが、そこからはトントン拍子で話が進んでいきました。

 

手持ちのお金はほとんどないのは当たり前なんですが、そういったことをすべて洗いざらい話をして、借金を返す方法を考えていきました。

 

僕の状況であれば「任意整理」という債務整理方法がよいと弁護士の先生は判断してくれました。

 

 

あれから約3年、借金の返済はもうすぐ終了する予定です。

 

あの時、債務整理という方法を選択しなければと思うと背筋が凍りつくほどゾッとしてしまいます。

 

今では夜中に汗びっしょりで目を覚ますなんてこともなくなりました。足の裏の痛みもすっかりなくなりました。

 

寝ている嫁と娘の顔を見て涙を流すなんてこともありません。安堵の気持ちでその天使のような寝顔を見る事ができます。

 

 

なんでもっと早く決断しなかったんだろうと後悔はしていますが。

 

でも弁護士の先生も言っていましたが、僕だけじゃなく、借金問題を抱えた多くの人は、というかそのほとんどは「問題先送り体質」であり「根拠なき楽観論者」ということのようですね。

 

特に何の理由もないにも関わらず、「そのうち何とかなるんじゃないか。」と思ってしまうんですよね。

 

それはまさに「思考停止」の状態であり、それでは絶対に問題は解決しないんですよね。

 

自ら命を絶ってしまうという行きつくところまで行ってしまう前に、冷静に論理的に考えてみる必要があるんだと思います。

 

今でこそそのように考えることができるわけですが、その当時は完全に思考停止状態で、全く現実が見えてなかったんですけどね。

 

 

もしあなたが当時の僕のような状態であるならば、一度このサイトを活用して、思考停止状態を抜け出すきっかけを見い出すことができることを願っています。

 

後から振り返ると、誰しもが「何でもっと早く決断しなかったんだろう」と思うわけですから。

 

 

当時の僕の惨めな状態から抜け出すことができた、そのきっかけを与えてくれたサイトを、是非多くの人が活用してもらいたいと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コラム

 

 

 

借金の整理と一言で言っても色々な方法があるのです。

個人再生とか特定調停、自己破産や過払い金の返済を求めるなど様々です。どれも性質が異なるので私にはどの選択がベストなのかということはエキスパートに相談して決心するのがいいと考えます。債権調査票というのは、債務整理をする時に、お金をどこでどれくらい借りているのかをはっきりと分かるようにするための文書です。お金を借りている会社に要請するともらえます。ヤミ金の場合だと、対応してもらえないこともありますけれど、その場合は、自分で書面を用意すれば問題ありません。債務整理を悪徳弁護士に頼んでしまった場合、最悪なことになるため注意が入り用となります。インターネットの口コミなどで良識のある弁護士に依頼しないとものすごく高い手数料を請求されたりしますから注意を怠らない方がいいでしょう。

要注意ですね。

自己破産とは、借金を返すことがもう絶対に、不可能だということを裁判所に理解してもらい、法律上で、借金をなくしてもらうことができるシステムです。生活する際に、最低限いる財産以外は、すべてを手放すにことになります。日本の国民であるならば、誰でも自己破産をすることができます。債務整理には場合によってはデメリットも起こりえます。利用してしまうとクレジットカードなどの全ての借金ができなくなります。

ですから、お金を借りられない事態になり、現金のみで買い物をすることにならざるを得ません。これは非常に大変なことです。自己破産のプラスとなることは免責になると借金を返済する義務がなくなることです。お金の返済方法に悩んだり、金策に走り回ることがなくなります。

特に財産があまりない人にとっては、借金を返すために、手放すハメとなるものが多くないので、利点が多いと思います。



個人再生とは返済整理の一種で借入金を少なくしてその後の返済を和らげるというものであります。




これをする事によって多数の人の生活が楽だと感じるようになるという現実があります。


かつて私もこの債務整理をしたことによって救われました。債務整理ができた後は、携帯料金の分割払いができない状態になってしまうでしょう。




これは携帯の料金の分割ということが、借金をする行為になるからです。なので、携帯電話を買いたいのならば、一括でお金を払って買うことにするしかありません。家族に内密にお金を借りていましたが、とうとう支払えなくなって、債務整理に助けを求めることにしました。かなりの額の借金があり、もう返済に首が回らなくなりました。相談に乗ってくれたのは某弁護士事務所でだいぶ格安で債務を整理してくれました。



債務整理をしたとしても生命保険をやめなくて良い場合があります。任意整理を実行しても生命保険を解約しなくても良いのです。




注意しなくてはならないのは自己破産をする場合です。



自己破産をする際には裁判所から生命保険をやめるように命じられる時があります。



 

 

 

 

 

 

 

 

 

銀行からお金を借りている状況においては、任意整理をするとその銀行口座が使えなくなることがあります。

 

 

 

ですから、事前にお金をおろしておいた方がいいです。
銀行はリスクマネジメントを行い、口座を凍結してその預金をおろせないようにしてしまいます。
口座を凍結するのはやりすぎだと思うかもしれませんが、銀行側にとっては、誰にも文句を言われる筋合いはないのです。債務整理を悪い弁護士に依頼してしまうと最悪な事態になるので注意が入り用となります。

 

 

ネットの口コミなどで調べて良識を備えた弁護士に依頼しないと信じられないくらい法外な依頼料を請求されることもありますから気を抜かない方がいいでしょう。

 

 

要注意ですね。

 

 

任意整理を行う費用の相場っていくら位なのだろうと疑問に思ってインターネットを使用して調べてみた経験があります。

 

自分にはたくさんの借金があって任意整理をしたいと思ったためです。任意整理にかかるお金には幅があって、話をもっていく所によって色々だという事が判明しました。

 

 

 

借金を返すあてがない場合、司法書士や弁護士に助けを求め、自分の財産を処分したり、弁護士の交渉により債務を軽減してもらう自己破産や任意整理といった選択します。

 

 

任意整理という処置でも、自宅などを持ちつつ借金を返済する個人再生という選択肢があります。負債額が減りますが、マイホームのローンなどはそのままですので、注意がいります。個人再生を行おうとしても、認可されないケースが存在します。

 

個人再生をする時には、返済計画案を出すことになるのですが、これが裁判所で認可されないと認めてもえらないのです。もちろん、認めてもらえないと、個人再生はできません。

 

 

お金を借りた額が多くなり、もう自分では返済が難しい場合に、債務整理を実施します。

 

 

 

借金でもうどうにもならなくなってしまった人は弁護士事務所や司法書士事務所に行きましょう。
そして、あとは裁判所で、弁護士と債権者、裁判官で話し合いを持ちます。月にどのくらい返済できるかなどを検討し、その後の毎月の返済額が決まるのです。
私は多数の消費者金融からお金を借りていたのですが、返済できなくなってしまい、債務整理することになったのです。
債務整理にも様々な方法があり、私が行った方法は自己破産です。

 

自己破産すると借金が清算され、気持ちが楽になりました。

 

 

任意整理の後、任意整理の話し合いをした業者からお金を借りることは不可能になります。

 

とはいえ、任意整理終了後、様々なところから借りた借金を返しきったら、5から10年ほどすれば、信用情報機関に登録してある情報が消去されますので、それから先は借り入れができるようになります。
債務整理をした場合、ブラックリストに名前を載せられ、その記録は、5年間残り、クレジットカードの審査は通らないと言われます。けれど、5年経っていないのに持つ事が可能な人もいます。そういう人は、借金を完済している場合がほとんどになります。

 

 

 

信用があればカードを持つこともできるでしょう。債権調査票とは、債務整理を行う時に、どこからお金をどれくらい借りているのかをはっきりと分かるようにするための文書にした紙です。
お金を借りている会社に依頼すると受け取ることができます。
ヤミ金に関しては、もらえないケースもありますが、そういう時には、書面を自分で用意すれば大丈夫です。

 

借金が返せないほど膨れ上がった場合に、返済義務のある人は、弁護士を通して債権者と話をして、月々にいくら支払い可能なのか、返済する額を調整します。
このような任意整理が行わますが、任意整理になる場合に、銀行口座が凍結されるおそれがあります。

 

銀行口座にお金がまだある場合は債権者に持って行かれてしまうので、事前におろしておきましょう。